和心
昨日の事、 久しぶりで造園業の友人宅(茶室)訪問・・・小雨降る中 山の中へ

akishika-00n.jpg


京都に在る 寺の茶室を、限りなく模倣して建てられたもの・・・でも違うのです
彼の独特な個性がいたるところに表現されているのです。

これもその一つ

akishika-01n.jpg


彼の持ち前の感性を生かした「つくばい」と「杉皮の塀」
そして、部屋の中で頂く 粉茶と黒羊羹

konatya_n.jpg


板の間に無造作に置かれた語らいのつなぎ


我心無  「この境地にはなかなか、なれないものです」 笑;

07.04 (Fri) 14:00 [ Wind ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント

添水の竹が小節なら申し分無いのですが
彼も、たぶん探していたでしょうね・・・

人間の手によって作られた創造の世界を、
自然界の生命をもって、補う事によって よりいっそう
その姿を優美な物に変えていくのですね

「苔むす庭」は手入れが大変らしいです 
苔が落ち着くまで、彼も朝夕毎日手を入れたとか 笑



TOKYO DSの山の化粧は彼の手(美術的技法)によるものですよ
---------- yoshimaru [ 編集] URL . 07/05, 15:39 -----

添水(そうず)のある庭。
いいですね。苔むす庭に憧れます。
---------- 花 [ 編集] URL . 07/05, 13:00 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://hiyoshimaru.blog117.fc2.com/tb.php/156-255fb1db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)